@洪流Blog
space ホーム space|space ユーザログイン
space
 現在位置:技術 >> サイト構築 >>RedmineをApache上に構築する手順

RedmineをApache上に構築する手順
投稿者:u153
作成日時:Sunday, May 24, 2015

0.本書でインストールする際に使用するバージョン
   ・WampServer Version 2.5
    下記が含まれている。
    ・Mysql mysql 5.6.17
    ・Apache 2.4.9
    ・PHP 5.5.12
  ・Ruby 1.9.3
  ・Rails 3.2.21
  ・Redmine 2.6.5
  ・Thin 1.6.3
  ・jquery-rails -v 3.1.2

1.各種インストール

1-1.WampServerをインストールします。
  http://osdn.jp/projects/sfnet_wampserver/
  からダウンロードし、インストールします。

  VCRUNTIME140.dllのエラーが出てきた場合、下のリンクからランタイムをダウンロードしてインストールしてください。
  ※これはVisual Studio 2015のランタイムがインストールされていない場合に表示されます。VCRUNTIME140.dllがないとプログラムは開始できません。

  http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30679

  WampServerを起動します。

1-2.Ruby 1.9.3をインストールします。
  ・http://rubyinstaller.org/downloads/archives
   からRuby 1.9.3-p551をダウンロードし、インストールします。
   ※デフォルトでは、「C:\Ruby193」にインストールされます。

1-3.RubyのDevKitをインストールします。
   (これを入れないと、1-5でThinを入れる時にはエラーがでます。)
   ①http://rubyinstaller.org/downloads
    からDevKitをダウンロードします。
    Ruby1.9.3の場合は、DevKit-tdm-32-4.5.2-20111229-1559-sfx.exeを使います。
   ②好きなところに解凍します。
   ③DevKitを解凍したディレクトリに移動して、「ruby dk.rb init」「ruby dk.rb review」「ruby dk.rb install」を順番で実行します。

1-4.Rails 3.2.21をインストールします。
  コマンドラインで下記を入力し、インストールします。

  gem install rails -v 3.2.21

  #社内プロキシーでは、上記コマンドを実行することができない場合があります。
    対応方法:下記を使用します。proxy情報を適宜に書き換えください。
    set http_proxy=http://アドレス:ポート番号
    set https_proxy=http://アドレス:ポート番号
    gem install rails -v 3.2.21

1-5.jquery-railsをインストールします。
  コマンドラインで下記を入力し、インストールします。
  gem install jquery-rails -v 3.1.2

以上のほか、エラーが出た場合、コマンドラインのフィードバックを参照してインストールしてください。

3.Redmineデータベースを作成します。
 WampServerメニューからphpMyAdminを起動します。
 SQLメニューを開き、下記クエリを実行します。

 CREATE DATABASE redmine CHARACTER SET utf8;
 CREATE USER 'redmine'@'localhost' IDENTIFIED BY 'my_password';
 GRANT ALL PRIVILEGES ON redmine.* TO 'redmine'@'localhost';

4.データベース接続を設定します。
 C:/redmine/config/database.yml.exampleをdatabase.ymlに再保存し
 「production」部分を下記のように設定します。

 production:
 adapter: mysql2
 database: redmine
 host: localhost
 username: redmine
 password: my_password

5.bunlderをインストールする。
 注意:このプロセスでは、gemをインターネットからダウンロードします。
 プロキシ環境にある場合、アクセスできないことがあるので、下記コマンドでプロキシ設定をしてからコマンドを実行してください。

 set http_proxy=http://アドレス:ポート番号
 set https_proxy=http://アドレス:ポート番号
 ※コマンド画面を閉じるたびにクリアされますので、起動するたびに実行する必要があります。

 コマンドラインからC:/redmine/に移動し、下記コマンドを実行します。

 注意:インストールは、インターネットから必要なgemファイルをダウンロードするので、
 インターネット接続のできない環境でインストールする場合、下記の対応方法を参考してください。
 ほかのステップでも同じような対応です。
 1.インターネット環境のある環境でgemコマンドを実行する。
 2.ダウンロードされたgemファイルの名前をメモする。
 3.https://rubygems.org/gems/にアクセスし、それぞれのgemファイルを検索し、適切なバージョンをダウンロードする。
 4.ダウンロードしたgemファイルをインストールしたい環境のC:/redmine/にコピーする。
 5.コマンドラインからC:/redmine/に移動し、下記コマンドを実行する。
  gem install --local gemファイルの名前
  ※バッチを作って一括に実行すれば便利。
  実行の順序が必要な場合があるので、近い前に明るい展開があると信じて、根気強くやってください。

もしどうしてもエラーが出てしまい、かつ不要な機能(たとえばrmagick)が強引にインストールされようとした場合、Gemfile.localの該当箇所をコメントアウトしてください。
※必要なインストールを略した場合、システムの作動異常に繋がるので、知識のあるかたのみ、慎重な判断の上で行ってください。

1.gem install bundler

2.bundle install --without development test rmagick
※rmagickは本インストールの対象外としています。
インストールする場合、下記をご参考ください。
http://www.redmine.org/projects/redmine/wiki/HowTo_install_rmagick_gem_on_Windows

3.Database adapters
※もしconfig/database.ymlを変更した場合、bundle install --without development test ... を再実行することを忘れずに。after

6.bundle exec rake generate_secret_tokenを実行します。
うまく行かなかった場合、config/secrets.ymlを使用しても良いです。
参考アドレス:http://guides.rubyonrails.org/upgrading_ruby_on_rails.html#config-secrets-yml


7.データベース初期テーブルを作成します

C:/redmine/で下記コマンドを実行します。

set RAILS_ENV=production
bundle exec rake db:migrate

このステップでは、デフォルトテーブルが作成され、管理員アカウント「admin」が作成されます。

8.データベースのデフォルトデータを作成します。
set RAILS_ENV=production
set REDMINE_LANG=ja
bundle exec rake redmine:load_default_data
※言語は日本語の場合、REDMINE_LANGの値を「ja」に設定してください。

9.動作テスト
WEBrick web serverを起動し、動作テストします。

bundle exec ruby script/rails server webrick -e production

以上のコマンドより、サーバーが起動されます。http://localhost:3000よりサイトにアクセスできるはずです。
下記のID、パスワードでログインできます。
login: admin
password: admin

[Ctrl] + Cでサーバーが閉じられます。
WEBrickはデバッグ用サーバーです。長期安定な使用にはふさわしくありません。

これから、Thinを使用し、Apacheで動します。

10.Thinをインストールします。

  ・C:\redmine\gemfileに以下を追記。
   gem 'thin'
  ・C:\redmine> bundle install

  下記コマンドで正常なインストールを確認します。
  ruby script\rails server thin -e production
  以上のコマンドより、サーバーが起動されます。http://localhost:3000よりサイトにアクセスできるはずです。
  [Ctrl] + Cで閉じます。

11.Thinを自動起動させる。
  rktools.exeをウェブ上からダウンロードして、インストールします。
  http://download.microsoft.com/download/8/e/c/8ec3a7d8-05b4-440a-a71e-ca3ee25fe057/rktools.exe
  インストール時に異常メッセージが表示されることはありますが、無視して継続します。

管理者権限でコマンドを起動して、以下を実行します。
C:\redmine> "C:\Program Files\Windows Resource Kits\Tools\INSTSRV.EXE" redmine_service "C:\Program Files\Windows Resource Kits\Tools\SRVANY.EXE"

regeditを実行して、レジストリを編集します。

1.HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\redmine_serviceに、Parametersという名前のキーを追加します。
2.上記で作成したParameters名前キーに、Application、AppParameters、AppDirectoryの文字列値を新規作成します。
Applicationは、Ruby.exeのフルパスです。
例えば、C:\Ruby\bin\ruby.exe

AppParametersは、thinとthinに渡すパラメータです。
例えば、C:\Ruby\bin\thin start -p 3000 -e production

AppDirectoryは、redmineをインストールした場所です。
例えば、C:\redmine

12.ThinとMySQLとの依存関係を持たます。
管理者権限でコマンドを起動して、以下を実行します。
C:\redmine> sc config redmine_service start= auto depend= MySql56
PCをリブートします。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
13.<subdirectory化>
このステップは、rails3のみ必要です。

①C:\redmine\config.ruの編集
[変更前]
# This file is used by Rack-based servers to start the application.
require ::File.expand_path('../config/environment', __FILE__)
run RedmineApp::Application
[変更後]
# This file is used by Rack-based servers to start the application.
require ::File.expand_path('../config/environment', __FILE__)
map ENV['RAILS_RELATIVE_URL_ROOT'] || "/" do
run RedmineApp::Application
end

②C:\redmine\config\environment.rbの編集
最終行に以下を追記ます。
[変更前]
RedmineApp::Application.initialize!
[変更後]
RedmineApp::Application.initialize!
ENV['RAILS_RELATIVE_URL_ROOT'] = "/redmine"

④③C:\redmine\config\environments\production.rbの編集
最終行より少し前に以下を追記します。
[変更前]
config.active_support.deprecation = :log
end
[変更後]
config.active_support.deprecation = :log
config.action_controller.asset_path = "/redmine%s"
end

④動作確認
C:\redmine> ruby script/rails server thin -e production -p 3000
http://localhost:3000/redmine でアクセス可能です。

14.<Proxy化>
①httpd.confの修正
LoadModule alias_module modules/mod_alias.so
......
LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so
LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so
LoadModule proxy_balancer_module modules/mod_proxy_balancer.so
LoadModule proxy_connect_module modules/mod_proxy_connect.so
LoadModule proxy_ftp_module modules/mod_proxy_ftp.so
LoadModule proxy_http_module modules/mod_proxy_http.so
LoadModule proxy_scgi_module modules/mod_proxy_scgi.so

......

(下記は、WAMPの場合、aliasフォルダ(C:\wamp\alias)にredmineというファイルを作成します。)

Alias /redmine/ "C:/redmine/public/"
<Directory "C:/redmine/public">
Options ExecCGI Includes FollowSymLinks
AllowOverride All
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>
ProxyPass /redmine http://localhost:3000/redmine
ProxyPassReverse /redmine http://localhost:3000/redmine

②動作テスト。
apacheを再起動します。
http://localhost/redmine でアクセス可能です。

以上です。
上記は、下記アドレスを参考し、特定バージョン向けに編集し、まとめたものです。
① http://www.redmine.org/projects/redmine/wiki/redmineinstall
② http://kk-openam.blogspot.jp/2012/09/windows-7redmine-apache-apache-httphttpd.html
上記サイトの作成者に感謝の意を表します。

本文書の誤記、不明などに関する問合せは、ページ右上のお問い合わせリンクより、お願いいたします。

loginユーザメニュー
  ユーザログイン  

     トップ↑

space
@洪流Blog 最新コンテンツ サイト情報 権利情報 提携リンク
Copyright ©2002-2018 洪流  Mobileモード    中国語メニュー(追加中)
OneIDSystem Ver:1.5.0.1.2 Powered by:OneID.id