@洪流Blog
space ホーム space|space ユーザログイン
space
 現在位置:オフショア >> オフショア知識 >>オフショアの基本知識

オフショアの基本知識
投稿者:于洪流

本サイトで言うオフショアは、IT業界のソフトウェア開発の海外外注のことです。
オフショアは、企業戦略の一つとして存在しています。背景からみれば、20世紀後半の企業の役割細分化に遡れます。市場競争の過激化に圧迫され、企業は自分自身の生存のため、核心業務の強みと露出度を強調し、顧客満足度の向上に集中しなければならないようになりました。

企業は組織の核心能力を維持するなどのために、組織の非核心業務を外部の専門業者に委託します。海外に委託する分はオフショアと言います。オフショア戦略によって、下記のメリットが期待できます。
•会社の運営コストを下げる。
•品質確保、向上する。
•要員リソースを集中する。
•顧客満足度を上げる。

以上から、ソフトウェア開発関連のオフショアについての定義を簡単に言えば、「企業が、ソフトウェア開発業務の全部または一部を海外のオフショア開発業者に委託すること」だとわかります。
現在、業務プロセスアウトソーシング(BPO)はオフショアの新たな流れとして、日本の企業に好まれています。主には、リソース、財務、研究開発、工場、要員育成などが挙げられますが、IT業界ではソフトウェア開発が主流となっています。

近年、オフショアはソフトウェア開発企業のコストダウン、企業核心競争力向上などの効果があるため、数多くのIT企業の重要ビジネス戦略となっています。今後は、営業創出以外の分野全てが、オフショアの拡大対象となるでしょう。
一方、オフショア戦略は、そんなに簡単に成功が遂げられるものとして見られています。実際、日本で代表的なのは、NEC、NTTデータがあるが、左記のよ うなすでにビジネスモデルとして安定的に効果創出できる成熟企業は、まだそんなに多くはありません。むしろ、大企業と言いながらも一件ずつの委託に悩まさ れて、日々の苦闘に物議を醸している企業が多いです。

オフショアは、あなたを物作りから解放して、核心競争力の業務に集中できるようにして くれます。委託先はあなたの企業にノウハウを持ってくるだけでなく、もともと不足していた管理体力をも軽減してくれます。特に小型企業にとっては、オフ ショアの実行は企業の拡大に多大な助力要素となりやすいです。逆に大企業としては、単純にオフショアのメリットを活用するのでなく、企業責任、ブランド• プライド、機構運営の剰余などに影響され、青虫になってしまいやすいです。

オフショアについて、複雑に考えないほうがメリットを見出しやすいです。

オフショアは、2種のモデルがあります。

1.日本側がノウハウ、マネジメントを提供し、委託先は設備とリソースだけを提供する。

2.委託先がノウハウ、マネジメント能力を持ち、客先に対してQCD責任を持つ。

企 業の実力、プロジェクトの状況によって上記を選択すればいいですが、現地つの中ではほとんどの企業は上記の二つの合体をに選択したくなります。要は、委託 先から設備もリソースも提供きてもらい、管理してもらい、委託元とする自分から思い存分管理上の干渉ができ、最終の結果責任は委託先に持ってもらいます。 これはほとんどの失敗ケースの共通点です。根本的な原因は、オフショアをやって何が欲しいのか当初からぶんやりしていたからだと考えられます。

loginユーザメニュー
  ユーザログイン  

     トップ↑

space
@洪流Blog 最新コンテンツ サイト情報 権利情報 提携リンク
Copyright ©2002-2018 洪流  Mobileモード    中国語メニュー(追加中)
OneIDSystem Ver:1.5.0.1.2 Powered by:OneID.id