@洪流Blog
space ホーム space|space ユーザログイン
space
 現在位置:経営 >>日本企業改革の病状分析

日本企業改革の病状分析
投稿者:于洪流


企業上層部の平均年齢が60歳以上超え、やり方も非常に保守的です。

例年の赤字に圧迫されて来たお爺さんたちは、 会社の未来を斬新なな業務領域にかける勇気は、もうありません。 企業の師匠、有名な稲盛さんさえ、企業に対して抜本的な新アイディア、新パターンでの改革でなく、やり方の改善、業務の組直しなどに力をいれたまでです。なお、未だに終身雇用制の伝統を守っている企業がおおいです。
 ある調査によれば、大半の日本大手機器では3分の1の社員が必須でないという。しかしこれらの企業は労働法の不明確によって減員することができない状態にあります。このような堅苦しい企業体制、法律規制のともで、グローバル化のの競争のなかでは敗陣する結末しかありません。

日本企業は過去と誇りを取り戻したいなら、所々の手直しでは遥かに無理です。年齢層、社員数、製品フォーカスの領域で徹底的な革命をしなければなりません。

迷うならば中国、韓国など新興国を見れば良いです。彼らは 技術的には先進国 のくらべものものにならないが、経営方面では大胆な創造性が豊富であり、従業員を有効的に刺激するなどの改革の手によって企業の潜在力を最大限に発揮させています。

中国のアリババという企業は今、アメリカで上場しました。実際この企業は当初十数人の若者の情熱と想像力によって、ある概念を数億人に普及させ、おおきなマーケット着せ替えたのです。

年に年に改革の旗をかかげながらも、下落一方の日本会社は、一体自身のどこに病が起きたのか、まじめに考えるべく時期がきています。日本経済の存続のために。

現在改革を叫ぶ企業のリーダーたちは、大抵老齢者がおおいです。彼らの策略は保守的であり、 彼らの頭の中には改革の定義についてほんとうはわからないかもしれません。改革の旗を挙げることは、それによって 自分の職業を延命させたい人もいるでしょう。このような改革はソニーの失敗を複製するだけです。日本を泥沼から脱出させることさえ出来ません。再起する明るい将来は、言及するまでもないです。

痛みが伴うわない改革は改革と言えない、若者が上がらない改革は改革と言えない、ということを会社のトップらに一番伝えたいとおもいます。
loginユーザメニュー
  ユーザログイン  

     トップ↑

space
@洪流Blog 最新コンテンツ サイト情報 権利情報 提携リンク
Copyright ©2002-2018 洪流  Mobileモード    中国語メニュー(追加中)
1spaceSystem Ver:1.5.0.1.2 Powered by:1space.space