委託するための肝要

プロジェクト全体像:

  • 委託範囲:対象スコープ、機能名、規模など
  • 開発時期、納期
  • 委託側からオフショア先に対する入力物
  • 納品物、成果物
  • 管理用各書式のフォーマット、サンプル
  • 許可ソフトウェア
  • セキュリティ事項
  • 品質目標
  • 追加要求事項、必須条件
  •  

下記の運用ルールの定義、合意、事前訓練:

  • コミュニケーションルート(各業務ための連絡先-メールの宛先、CC)
  • 仕様変更
  • 会議体(開催日時、報告内容)
  • QA
  • ベースライン(工程間の成果物管理)
  • ファイル保存、授受方法(SVN、またはVSSの構成)
  • 緊急対応のルール(連絡方法、ソース一致の運用確保)
  • 体制着離任の社間ルール
  • 課題管理
  • リスク管理
  • 障害対応
  • 瑕疵対応
  • エスカレーションルール

下記の運用ルールの定義、合意、事前訓練:

  • コミュニケーションルート(各業務ための連絡先-メールの宛先、CC)
  • 仕様変更
  • 会議体(開催日時、報告内容)
  • QA
  • ベースライン(工程間の成果物管理)
  • ファイル保存、授受方法(SVN、またはVSSの構成)
  • 緊急対応のルール(連絡方法、ソース一致の運用確保)
  • 体制着離任の社間ルール
  • 課題管理
  • リスク管理
  • 障害対応
  • 瑕疵対応
  • エスカレーションルール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。